Tile Cleaning タイルクリーニング

≪トイレタイル床の場合≫

トイレのタイルの床は、水で濡れた状態が長いと目地の部分が黒ずんでいき、ホコリ等を巻き込みながら 水垢として硬直します。
その状態が繰り返されると、タイルとの境目がなくなり、くすんだ状態になっていきます。

また、

@除塵(ホコリ・トイレットペーパーのカス等)をします。

A水養生後、洗剤を塗布し汚れと反応させます。

Bリンスして乾燥させます。



WC Cleaning トイレクリーニング

 ◎小便器の場合     ◎和便器の場合     ◎洋便器の場合

 ◎洗面ボウル     ◎換気扇          ◎ドア周り

 ◎洗面ボウル   


≪小便器の場合≫

小便器は、特に普段目に付かない『水溜まりの中の汚れ』がニオイの元になります。 また、便器正面の水・尿垂れの汚れも取り除いていきます。

@尿はアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を塗り便器内の汚れと反応し、分解させます。

A陶器を傷つけることなく、汚れを削り取ることが出来る『尿石除去スティック(ピューミー)』を使い、 汚れを削り取ります。

B磨き上げて仕上げます。


≪和便器の場合≫

和便器は、陶器折り返しの部分の汚れを水溜まりの輪ジミと共に、取り除いていきます。

@陶器を傷つけることなく、汚れを削り取ることが出来る『尿石除去スティック(ピューミー)』を使い、 輪ジミ、水垂れの汚れを削り取ります。

A陶器内を磨き上げて仕上げます。

B付随の金属類、タンク類も磨き、拭きあげ仕上げていきます。


≪洋便器の場合≫

洋便器は、水溜まりの周りの輪ジミ、陶器の折り返し部分の水垢、水垂れの 汚れを除去していきます。

@陶器を傷つけることなく、汚れを削り取ることが出来る『尿石除去スティック(ピューミー)』を使い、 輪ジミ、水垂れの汚れを削り取ります。

A陶器内を磨き上げていきます。

B陶器外側の汚れも拭きあげます。


≪洗面ボウル≫

洗面ボウルは、水垢、水垂れ後、石鹸カス・石鹸垂れ後などの汚れを 取り除いていきます。

@専用の磨き上げ材を使用し、汚れを削り取っていきます。
A蛇口周りの金属類も汚れを取り除いていきます。

B全体的に磨き上げ、仕上げます。


≪換気扇≫

換気扇は、空気中のホコリ、汚れを吸い上げているので、換気扇のカバーや内部の羽の部分に汚れが 付着します。

@大きいホコリ等を掃除機などで除去した後、環境対応型の洗剤 (G−510)を全体的に噴霧していきます。

A専用ブラシで軽くこすり、汚れを浮かせてから、洗い流していきます。

B水拭きタオルで拭きあげた後、乾拭きタオルで仕上げます。


≪ドア周り≫

ドア周りは、どうしても『フィルタリング現象』で黒い汚れ(ホコリ、ばい煙)が吸着して います。

@水で濡らししまってからだと汚れはより除去しにくくなるので、ホコリ、ばい煙を掃除機で除去します。

Aタオルに環境対応型の洗剤(G−510)を 噴霧し、そのタオルで拭きあげていきます。

B仕上げとして、水拭きタオルで拭きあげます。

ページ上部へ